過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41946問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚の乾燥に伴うかゆみに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
高齢者では、まれである。
   2 .
水分摂取を控える。
   3 .
顔面に好発する。
   4 .
利用者の爪は短く切る。
   5 .
皮膚をかくことで軽快する。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
1.×
 高齢になるにつれ、汗や皮脂の分泌が減っていくため、皮膚が乾燥しやすくなります。
 このことにより、高齢者には皮膚の乾燥によるかゆみが多く見られます。
 
2.×
 水分摂取を控えると、皮膚が乾燥しやすくなってしまい、かゆみの原因となります。
 水分摂取は、こまめに行うことが適切です。

3.×
 高齢者に多く見られる、老人性乾皮症(皮脂の欠乏によって生じる皮膚の乾燥)は、下腿部や背中に多発しています。

4.○
 就寝中等、皮膚にかゆみが生じた際、無意識にかきむしり、自身で皮膚を傷つけてしまうことがあります。
 これを防ぐため、常に爪を短く切っておくことは大切です。

5.×
 皮膚をかくことで一時的にかゆみは治まりますが、その刺激によって放出されるヒスタミン(かゆみ成分)の量が増え、更にかゆみが強くなってしまいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
1×
高齢者は、体内の水分量・皮脂・汗などが減少することで、皮膚が乾燥状態になります。

2×
水分の摂取量を減らしてしまうと、皮膚の乾燥に拍車をかけることに繋がります。

3×
好発とは、症状が発生しやすい部位を指す言葉です。皮膚の乾燥は、顔面だけに発生するのではなく体全体に現れるので適切ではありません。

4〇
皮膚が乾燥していると掻き壊してしまうことが多くみられます。爪を短くしておくことで、掻き壊してしまうなどのトラブルを防ぐことができます。

5×
痒みが強いと掻きむしってしまうことがありますが、一時的に軽減するだけで、根本的な対処にはなりません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.加齢と共に体内の水分保留率や保湿機能が低下します。よって皮膚が乾燥しやすい状況になりかゆみが起こりやすい状況になるので、まれなことではありません。よって、1は間違いです。

2.水分摂取を控えると体内の水分が少なくなるので、かゆみが出ることも増えてきます。
乾燥しないように、身体を保湿する対策が必要です。よって、2は間違いです。

3.かゆみは顔面だけでなく全身に出てきます。よって、3は間違いです。

4.かゆみが出ると無意識にかいてしまうので、爪が長い状態だと肌に傷をつけてしまいます。傷から感染症を発症することもありますので、利用者の爪を短く切るのは肌を傷つけるのを防ぐことができます。よって、4が正解です。

5.皮膚をかくと、皮膚を傷つけてかえって乾燥をしてしまいます。また、傷から炎症や感染症を発症することもありますので軽快するとは言えません。よって、5は間違いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。