過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41948問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




排便の仕組みに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
仰臥位(ぎょうがい)は、排便しやすい姿勢である。
 2 . 
交感神経は、直腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させる。
 3 . 
食事をとると、便意はおさまる。
 4 . 
息を吐きながら腹圧を低下させると、排便は促される。
 5 . 
排便時には、外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)を意識的に弛緩(しかん)させる。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
排便するためには、3つポイントがあります。
①腸から便を押し出す力
②踏ん張る力
③正しい姿勢
です。これらのことを踏まえて、回答していきましょう。

1× 仰臥位では、排便時に踏ん張ることがしにくいため、不適切です。

2× 交感神経はストレスを感じているときに高くなるため、蠕動運動の妨げになってしまいます。

3× 食事をとると、便意が来るのは通常の状態です。便意が収まることはありません。

4× 腹圧を下げてしまうと下腹部に力が入りにくいので排便を促すことになりません。

5〇 排便時は、肛門部の筋肉を意識して動かすことでスムーズな排便ができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.×
 仰臥位の場合は直腸から肛門への角度がほぼ直角となってしまい、排便がしにくくなります。
 床に足をつけ、踏ん張ることができる座位の方が排便しやすい姿勢となり、この時、前屈姿勢を取ると、直腸から肛門への角度が一直線に近くなるため、より排便しやすくなります。

2.×
 交感神経には、直腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。
 副交感神経が働くと、直腸の蠕動運動が促進されます。

3.×
 食事をとることで腸の動きが活発となり、その刺激によって便意が起こり、排便へと促されます。
 
4.×
 腹圧を高めることによって、排便が促されます。
 息を吐くのではなく、息を止めると腹圧を高めることができます。

5.○
 外肛門括約筋を意識的に弛緩させることで排便ができ、収縮させることで排便を我慢することができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。