過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41954問」を出題

問題

[ 設定等 ]




気管切開をして人工呼吸器を使用している人の喀痰吸引(かくたんきゅういん)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
気管カニューレを抜いて、吸引を行う。
 2 . 
頸部(けいぶ)を前屈した姿勢にして、吸引を行う。
 3 . 
1回の吸引時間は、20~30秒とする。
 4 . 
吸引チューブの挿入の深さは、気管分岐部の手前までである。
 5 . 
吸引を終了した後は、人工呼吸器の作動状況を確認する。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 医療的ケア )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
1×
気管カニューレは抜いたりすることなく喀痰吸引を行います。

2×
吸引時は、仰臥位で上半身を起こすか、難しい場合は顔を横に向けるなど、楽な姿勢を保ちましょう。

3×
一回の吸引時間は10~15秒を目安にします。

4×
吸引カテーテルは気管カニューレの先端を越えて挿入しません。

5〇
人工呼吸器の作動確認は必ず行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
1.×
 喀痰吸引を行う際は、気管カニューレ内の吸引を行います。
 気管カニューレの交換等は医師が行い、介護職が気管カニューレを抜くことはできません。
 
2.×
 吸引を行う際に、頸部を前屈させた状態にすることは、利用者自身に苦痛を与えてしまうとともに、吸引を行いにくくなってしまうため、不適切です。
 吸引の実施者から、気管カニューレの入り口が真下に見える状態になるよう、姿勢を整えることが大切です。

3.×
 吸引を行う際に、人工呼吸器の回路をはずしているため、利用者は呼吸を止めている状態になっていると言えます。
 吸引時間が長くなると低酸素状態に陥ってしまうため、1回の吸引時間は最大10~15秒以内とされ、可能な限り短くすることが大切です。
 
4.×
 吸引チューブの挿入は、気管カニューレ内部までとし、それ以上深く挿入しすぎないよう留意する必要があります。

5.○
 吸引終了後は、速やかに人工呼吸器の回路を気管カニューレに接続し、作動状況を確認することが大切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。