過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48709問」を出題

問題

[ 設定等 ]




他者とのコミュニケーションを通した自己覚知として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
自己の弱みより強みを重視する。
 2 . 
自己の感情の動きとその背景を洞察する。
 3 . 
自己の行動を主観的に分析する。
 4 . 
自己の私生活を打ち明ける。
 5 . 
自己の価値観を他者に合わせる。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 人間関係とコミュニケーション )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
1.自己覚知は弱みと強みを知ることはどちらも重視されているので、優劣をつけることはできません。

2.感情の動きと背景について考える、知ることは自己覚知では大切です。2が正解になります。

3.自己分析をする際は客観的視点も必要になります。

4.他者とのコミュニケーションで自己の私生活を打ち明けることは、自身が良いと思えば行動するのは良いですが、無理に行うことではありません。

5.自己の価値観を他者に合わせるのではなく、相手の価値観を自分が受け入れることも自己覚知では必要になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
最も適切なものは2です。
自己覚知とは、援助者の立場にたって、自分自身を理解し、受容することです。自分の価値観を相手に押し付けないために大切なことです。よって、自分自身を客観視し、自分の感情の動きとその背景を洞察することが自己覚知につながります。

他の選択肢については以下のとおりです。

1、誤りです。自己理解のためには弱みもしっかり理解しなければなりません。

3.誤りです。主観的ではなく、客観的です。

4.誤りです。自己の私生活を打ち明けるものではありません。

5.誤りです。自分の価値観を相手に押し付けることはいけませんが、他者に合わせるというものではありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.自己の強みのみならず、弱みにも重視しなければならないのでどちらかに限定されるものではありません。

2.自己覚知とは感情の動きとその背景を洞察することが大切なので2番が正しいです。

3.自己の行動を主観的に限定せず客観的にも分析することが大切です。

4.自己覚知とは自己の私生活を打ち明けるべきものではありません。場面に応じて必要であれば私生活を打ち明ける事もあります。

5.自己の価値観を他者に合わせる事で自己覚知が生まれるものではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。