過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48710問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高齢者とのコミュニケーションにおける配慮として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  相手と視線が合わせられる位置で話す。
2 .  相手には座ってもらい、自分は立ったまま話す。
3 .  初対面のときから相手と密着した距離で話す。
4 .  相手の表情があまり見えない薄暗い場所で話す。
5 .  たくさんの人がいる、にぎやかな場所で話す。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 人間関係とコミュニケーション )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
1.対等な立場で話をしているということを姿勢で示していくことは大切です。1が正解になります。

2.目線が合わせにくい、威圧感を与えてしまうので適していません。

3.初対面から密着した距離で関わっていくことは相手が警戒心を持つ可能性があるので適していません。

4.お互いの表情が見える明るい場所でコミュニケーションをしないと上手くコミュニケーションができない場合があります。

5.にぎやかな場所だと聞き取りにくいという場合もあります。特に聴力が低下している方とのコミュニケーションでは適していません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.適切です。相手と同じ目線に合わせて会話をする事でコミュニケーションもとりやすく圧迫感なく関わりを持つことができます。

2.誤りです。相手が座っているのに自分が立ったまま会話をすると圧迫感が生まれます。相手と同じ目線に合わせたコミュニケーションが大切です。

3.誤りです。ある程度一定の距離を保った状態での関りを持たないと反対に窮屈で圧迫感を与えてしまいます。

4.誤りです。コミュニケーションの中では、ノンバーバルコミュニケーションも大切であり身振り手振りや表情で伝えなくてはいけない時、薄暗い状況では伝える事ができません。

5.誤りです。会話が聞き取り辛く、コミュニケーションとして成り立ちません。コミュニケーションをとる際は空間の配慮も大切です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
最も適切なものは1です。
相手と目線をあわせます。安心感につながります。

他の選択肢は以下のとおりです。

2.誤りです。
自分が立ったままの視線は相手を見下ろす形です。威圧感を与え、また見下すというイメージもあり、相手に失礼です。相手に座ってもらった場合、自分もしゃがむなどし、相手と目線をあわせます。

3.誤りです。
初対面で近いと自分のパーソナルスペースに入り込んでいるマイナスのイメージにつながります。

4.誤りです。
相手の表情を見ながら話を進めていくことは安心感につながります。

5.誤りです。
にぎやかな場所は聞き取りにくいです。また話の内容によっては、誰かに聞かれているという不安につながります。



評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。