過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48735問」を出題

問題

[ 設定等 ]




構音障害のある利用者とのコミュニケーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
閉じられた質問の活用を控える。
 2 . 
聞き取れないところは、再度言ってもらう。
 3 . 
はっきりと発音するように促す。
 4 . 
耳元で大きな声で話しかける。
 5 . 
筆談の活用を控える。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
構音障害のある利用者とのコミュニケーションに関する問題です。

1.閉じられた質問の活用は失語症の方へのコミュニケーション方法として用いられます。

2.利用者の言葉を正しく理解することが信頼関係を構築するためにも大切です。聞き取れないところは、再度言ってもらいましょう。2が正解です。

3.構音障害ははっきり発音することが難しくなる障害です。はっきり発音するように促すことは話すことへの負担を与えてしまうので適していません。

4.構音障害は聴覚に問題はないので耳元で大きな声で話しかける必要はありません。

5.構音障害の方とのコミュニケーションでは筆談の活用も有効なので活用していきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
構音障害とは、話をするための筋力が低下することでうまく発声・発音ができない障害です。

1.×
閉じられた質問は、失語症の方とのコミュニケーションに有効です。
構音障害は、話を理解したり、話したい内容をまとめる能力には問題ありませんので、あえて閉じられた質問を使う必要はありません。

2.○
聞き取れないところは聞き直しましょう。わからないまま話を進めないこと、わかったふりをしないことが大切です。

3.×
発音するための筋力に障害があってはっきり発音することが難しくなっています。本人の努力できれいに発音できるわけではありません。

4.×
構音障害は聴覚には問題ありません。
また、聴覚障害の有無に関わらず、耳元で大きな声を出すことは望ましくありません。

5.×
話を聞き取りにくい場合には、筆談してもらうことも有効です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。