過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48762問」を出題

問題

[ 設定等 ]
眠れないと訴える高齢者に介護福祉職が行う助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
起床時に日光を浴びるように勧める。
   2 .
日中、長い昼寝をするように勧める。
   3 .
夕食後2時間以内に就寝するように勧める。
   4 .
寝る前に緑茶を飲むように勧める。
   5 .
決まった就床時刻を守るように勧める。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
1.日光を浴びることで体内時計を整えることができ、脳内ではセロトニンという覚醒を促すホルモンが分泌されます。起床時に日光を浴びることを助言することは、夜に睡眠ができることに繋がっていきます。よって、1が正解です。

2.日中の長い昼寝は1日の生活リズムを乱してしまいまい、夜の睡眠の質を低下させてしまいます。助言としては望ましくありません。

3.食事を採った後すぐの睡眠は身体の消化吸収の時間と重なってしまうため、睡眠が浅くなります。よって、この設問は助言としては望ましくありません。

4.緑茶にはカフェインが含まれています。カフェインは覚醒作用を促す効果があるので、就寝前の緑茶は眠りを浅くしてしまう原因として考えられています。よって、この設問は助言としては望ましくありません。

5.決まった就床時刻を守るような、行動を制限する発言は助言としては望ましくありませんので、この設問は間違いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.○
毎朝決まった時間に日光を浴びることによって体内時計をリセットし、セロトニンというホルモンが分泌されます。
セロトニンを原料として眠くなるホルモンであるメラトニンが合成されるため睡眠リズムを整える効果が期待できます。

2.×
長時間の昼寝は夜の睡眠を妨げる恐れがあります。

3.×
食後すぐに寝てしまうと消化吸収に支障を来たします。
また眠っていても胃腸は活発に動いている状態のため眠りが浅くなります。
食事は就寝の2時間前までには済ませることが望ましいです。

4.×
緑茶には覚醒作用のあるカフェインが含まれます。
カフェインは摂取後20分ほどで効果が出てくると言われているため、就寝後短時間で覚醒してしまう原因になると考えられます。

5.×
「眠れない」との訴えに対し、決まった時間に寝るように勧めることは不適切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
最も適切なものは1です。
日光を浴びると、睡眠ホルモン分泌抑制に効果があるといわれており、睡眠ホルモンのバランスがよくなってくると期待されます。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.誤りです。
日中、長い時間昼寝をするとかえって、夜眠れなくなってしまいます。

3.誤りです。
消化のために夕食と就寝時間の間は少なくても3時間の間隔があるのが望ましいといわれています。

4.誤りです。
緑茶にはカフェインが含まれているため、かえって眠れなくなります。

5.誤りです。
利用者の訴えに対して、解決になっていません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。