過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48765問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Bさん(83歳、女性)は、介護老人福祉施設に入所している。終末期で、「最期はこの施設で迎えたい」という本人の希望があり、家族もそれを望んでいる。昨日から死前喘鳴(しぜんぜんめい)が出現し、医師から、「あと数日でしょう」と言われた。
「呼吸が苦しそうだ」と言っている家族への介護として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「自然な経過なので体位の工夫をして一緒に見守りましょう」
 2 . 
「Bさんに意識はないので心配いらないですよ」
 3 . 
「痰(たん)の吸引をすると楽になるので準備しますね」
 4 . 
「Bさんを励ましてください」
 5 . 
「すぐに救急車を呼びましょう」
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
最も適切なものは1です。
家族も医師から説明を受けているはずです。また最期を施設でとのことから、ご利用者様が安らかな最期が迎えられるように支えるのが一番です。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.誤りです。
ご家族のお気持ちに寄り添っていません。

3.誤りです。
指示のない状態で喀痰吸引を行うことはできません。
この問題文の状態では指示があるかどうかはわかりません。

4.誤りです。
「呼吸が苦しそうだ」と言っているご家族のお気持ちに寄り添っていません。

5.誤りです。
状況確認ができていない段階で口にすることばではありません。
また、医師からの事前説明、ご利用者様とご家族のご意向を考えてもすぐに言うべきことばではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.死前喘鳴は医師から、あと数日であると診断を受けているため、自然な経過であると家族に伝えることは適しています。Bさんに少しでも楽な体位で過ごしてもらいながら、家族には見守るように声をかけることは適しています。よって、1が正解になります。

2.死前喘鳴の出現=意識がないとは限りません。家族にとって最期に会うことができる可能性になることも想定されるので、声かけ・見守りを促すことが求められます。

3. 死前喘鳴は、喉の奥で唾液や、気道の分泌物が鳴る音が聞こえることがあります。痰が原因ではない場合が多いため、痰吸引を行えば楽になる、という判断は適していません。

4.今回のケースでは見守りが優先されます。Bさんを励ますように家族へ促すのは、Bさん、家族への精神的な面でのフォローとしては不適切といえます。

5.医師より、余命があと数日であることの診断を受けているため、安易に救急車を呼ぶことは本人に苦痛を生じさせるだけとなる可能性がありますので不適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。