過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48767問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護過程の目的に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
利用者の価値観を変える。
   2 .
利用者の療養上の世話をする。
   3 .
利用者の経済的負担を軽減する。
   4 .
利用者の望んでいる、よりよい生活を実現する。
   5 .
利用者の生活習慣を改善する。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
最も適切なものは4です。

介護過程の目的は介護が必要となった利用者様の生活上の困難や不便さを介護を通して改善し、これまでと同じように生活できるよう支援するためのものです。
利用者主体です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.誤りです。
利用者主体の考えに反します。

2.誤りです。
療養上の世話ができるのは看護師であり、医療分野の内容です。

3.誤りです。
介護による生活の改善が目的です。

5.誤りです。
生活習慣を改善することが目的ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.×
介護は利用者主体です。
利用者の価値観は尊重されます。

2.×
療養上の世話は看護職が行います。

3.×
経済的負担の軽減は公的制度等を利用することで実現します。
介護職が行うこととは異なります。

4.○
介護を通して、利用者の望むよりよい生活を実現することは介護過程の目的に合致しています。

5.×
生活習慣を改善することは介護過程の目的ではありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1. 利用者の価値観は尊重される必要があるので間違いです。

2. 療養上の世話は医療職が担うので間違いです。

3. 経済的負担を軽減することは、ソーシャルワーカーが担うので間違いです。

4.利用者の望んでいる、よりよい生活を実現することは介護過程の目的として適しています。よって4が正解です。

5.利用者の生活習慣を改善することは介護過程の目的としては適しているとは言えないので間違いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。