過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48774問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Eさん(70歳、女性、要介護1)は、夫、長男と共に農業をしていた。半年前に脳梗塞( cerebral infarction )で左片麻痺になった。現在は介護老人保健施設に入所し、リハビリテーションに取り組んでいる。介護福祉職が居室を訪れたとき、Eさんが、「料理は苦手なの」「そろそろ夏野菜の収穫の時期ね。収穫は楽しいし、採れたての野菜を近所に配るとみんな喜ぶのよ」と言った。その後、「夫には家事に専念しなさいと言われているから…」とうつむいて言った。
介護福祉職は介護福祉職間のカンファレンス( conference )でEさんの思いを共有した。Eさんの思いとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
農業に関わっていきたい。
   2 .
家事に専念したい。
   3 .
後継者の育成に関わりたい。
   4 .
家でのんびりしたい。
   5 .
料理の自信をつけたい。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
最も適切なものは1です。
夫、長男とともに農業をしていたことと「そろそろ夏野菜の収穫の時期ね。収穫は楽しいし、採れたての野菜を近所に配るとみんな喜ぶのよ」と言ったことから考えられます。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.不適切です。
「料理は苦手なの」「夫には家事に専念しなさいといわれているから…」というところから、家事はあまり好きではない様子がうかがえます。

3、4 不適切です。
これらに関する情報は事例の中では紹介されていません。

5.不適切です。
「料理は苦手」「家事に専念しなさいと言われているから…」ということばがあっても料理をしたいということについては書かれていません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.○
Eさんは農業に従事してきて、仕事が楽しいと言っています。
また夫に家事に専念するように言われてうつむく様子から、農業への思いが感じられます。

2.×
Eさんの様子や発言から、家事に専念することはEさんの本意ではありません。

3.×
後継者については問題文で触れられていないためわかりません。

4.×
問題文からは読み取れません。

5.×
「料理は苦手」との発言はありますが、自信をつけたいかどうかはわかりません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.Eさんが農業を楽しいと言っている、夫から家事に専念しなさいと言われ落ち込んでいる様子から、Eさんが農業に関わっていきたいと考えていることが考えられます。よって、1が正解です。

2. 家事に専念しなさいと言っているのは夫の考えなので間違いです。

3.後継者の育成に関わりたいというEさんの心情は今回のケースではありませんので間違いです。

4.家でのんびりしたいというEさんの心情は今回のケースではありませんので間違いです。

5.料理の自信をつけたいというEさんの心情は今回のケースではありません。また、料理が苦手であると発言していますので、間違いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。