過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48776問」を出題

問題

[ 設定等 ]




高齢者の年齢規定に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注)「高齢者虐待防止法」とは、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。
 1 . 
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では、高年齢者を75歳以上としている。
 2 . 
「高齢者虐待防止法」では、高齢者を65歳以上としている。
 3 . 
高齢者の医療の確保に関する法律では、後期高齢者を65歳以上としている。
 4 . 
道路交通法では、免許証の更新の特例がある高齢運転者を60歳以上としている。
 5 . 
老人福祉法では、高齢者を55歳以上としている。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正しいものは2です。文のとおりです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。75歳以上ではなく、65歳以上です。

3.誤りです。65歳以上ではなく、75歳以上です。

4.誤りです。60歳以上ではなく、75歳以上です。

5.誤りです。55歳以上ではなく、65歳以上です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では、高年齢者を55歳以上と厚生労働省において定められています。よって、間違いです。

2.高齢者虐待防止法では、高齢者を65歳以上とされています。よって、2が正解です。

3.高齢者の医療の確保に関する法律では、後期高齢者の年齢は75歳以上とされています。ちなみに、前期高齢者は65歳から74歳となっています。よって、間違いです。

4.道路交通法では、免許証の更新の特例がある高齢運転者を70歳から適用されるとなっています。内容は、免許更新時の講習を受ける義務や、高齢運転者標識の貼り付けを努力義務等です。よって、間違いです。

5.老人福祉法では、高齢者を高齢者は65歳以上とされています。よって、間違いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。