過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48778問」を出題

問題

[ 設定等 ]
老年期の記憶と注意機能に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
自分の若い頃の記憶では、40歳代の頃の出来事をよく覚えている。
   2 .
数字の逆唱課題で答えられる数字の個数は、加齢による影響を受けない。
   3 .
複数のことを同時に行う能力は、加齢によって低下する。
   4 .
騒がしい場所での作業効率は、若年者より高齢者が高い。
   5 .
エピソード記憶は、加齢による影響を受けない。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
最も適切なものは3です。
そのため、よく脳トレなどでは右手と左手の動きが違う運動や、ながら運動などが取り入れられています。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
40歳代ではなく、子供のときのことをよく覚えています。

2.誤りです。
加齢による影響を受けます。

4.誤りです。
高齢者の方が低いです。
そのためテレビのついているところで食事をとると、食事ができなくなってしまうということがあります。

5.誤りです。
エピソード記憶には時間や場所、その時の感情といったものが含まれます。時間や場所がわからなくなる高齢者は多いので、影響を受けます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
1.若い頃の記憶は人によって個人差があります。40歳代の頃の出来事をよく覚えている場合、よく覚えていると言い難い場合もあります。よって、1は間違いです。

2.数字の逆唱課題で答えられる数字の個数は、加齢による影響を受けます。よって間違いです。

3.複数のことを同時に行う能力は、加齢によって低下することがあります。よって、3が正解です。

4.騒がしい場所での作業効率は、加齢によって低下するとは判断し難いです。よって、間違いです。

5.エピソード記憶は、加齢による記憶能力の低下による影響を受けます。よって、間違いです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.×
若い頃の記憶には個人差があります。幼少期をよく覚えているという人もいれば、青年期の記憶が強く残る人もおり、一概に40歳代とは言えません。

2.×
数字の逆唱課題は、加齢による影響を受けます。

3.○
複数のことを同時に行なう能力は、加齢によって低下します。

4.×
騒がしい場所での作業効率は、個人差があります。
若年者でも集中できる人できない人がいるように高齢者も個人の特性によるところが多いと考えられます。

5.×
エピソード記憶は、加齢による影響を受けます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。