過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48782問」を出題

問題

[ 設定等 ]




糖尿病( diabetes mellitus )のある高齢者(要介護1)が転倒して、骨折( fracture )した。入院治療後に再び自宅療養を続けるための専門職の役割として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
看護師は、糖尿病( diabetes mellitus )の薬の処方箋を交付する。
 2 . 
理学療法士は、糖尿病( diabetes mellitus )の食事メニューを考える。
 3 . 
管理栄養士は、自宅で料理ができるような作業訓練をする。
 4 . 
訪問介護員(ホームヘルパー)は、居宅サービス計画を立案する。
 5 . 
介護支援専門員(ケアマネジャー)は、訪問リハビリテーションの利用を提案する。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
1.×
看護師は処方箋を交付できません。
処方をすることができるのは、法律で医師のみと定められています。

2.×
理学療法とは、身体に障害がある人に対し、基本的動作能力の回復を図るために行なわれるリハビリテーションのことを言います。
よって、食事メニューの指導等は行ないません。

3.×
管理栄養士は、病気療養のための栄養指導は行ないますが、作業訓練までは行ないません。
またこの問題文では、自宅で食事を用意するのが本人であるのか、他に介護者がいるのかわからないため、本人への訓練が適切とは言えません。

4.×
訪問介護の主な役割は、身体介護(入浴・排泄・食事介助等)と生活支援(買い出し・掃除・調理等)です。
居宅サービス計画の作成は、ケアマネージャーの仕事となります。

5.○
ケアマネージャーは、介護保険サービスやその他のサービスの中から、本人に合ったものを提案し、ケアプランを作成します。
このケースでは、骨折後とのことで身体機能の低下が考えられるので、訪問リハビリの提案は適切と言えます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正しいものは5です。
ケアマネージャーは介護計画に関わる職種です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.誤りです。
処方箋の交付を行えるのは医師です。

2.誤りです。
食事メニューに関与するのは管理栄養士、栄養士です。

3.誤りです。
作業訓練に関与するのは作業療法士です。

4.誤りです。
訪問介護員は介護を行う人です。
居宅サービス計画立案はケアマネージャーの仕事です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.糖尿病の薬の処方箋を交付するのは医師の役割になるので間違いです。

2.糖尿病の食事メニューを考えるのは管理栄養士の役割になるので間違いです。

3.自宅で料理ができるような作業訓練をするのは作業療法士の役割になるので間違いです。

4.居宅サービス計画を立案するのは、ケアマネージャーの役割になるので間違いです。

5.介護支援専門員は、訪問リハビリテーションの利用を提案します。よって、5が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。