過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48801問」を出題

問題

[ 設定等 ]




パーキンソン病( Parkinson disease )のHさんは、最近、立位時の前傾姿勢が強くなり、歩行時の方向転換が不安定になり始めた。日常生活動作には介助を必要としない。
Hさんのホーエン・ヤール重症度分類として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
ステージⅠ
 2 . 
ステージⅡ
 3 . 
ステージⅢ
 4 . 
ステージⅣ
 5 . 
ステージⅤ
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 障害の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
パーキンソン病は、症状が徐々に進行していく病気です。
病気の進行速度は人によって異なるため、病気の進行度を表す指標として、ホーエンヤール重症度分類があります。

1.×
ステージⅠ
身体の片側に手足の震えや筋肉のこわばりがある状態です。

2.×
ステージⅡ
両側の手足の震えや筋肉のこわばりがある状態です。

3.○
ステージⅢ
小刻みに歩く、すくみ足になる、方向転換時に転びやすくなる状態です。
日常生活に不便が出てきますが、介助なしに過ごせる段階です。
Hさんの現在の状態に当てはまります。

4.×
ステージⅣ
立ち上がりや歩行が困難になる状態で、生活するうえで様々な介助が必要になってきます。

5.×
ステージⅤ
車イスや介護用ベッドが必要になる状態です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
ステージⅢは、姿勢反応障害の状態です。日常性生活動作に介助が必要になるのはステージⅣからです。このことよりⅢと考えられます。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.誤りです。
ステージⅠは片方の手足だけにふるえやこわばりがある状態です。

2.誤りです。
ステージⅡでは両方の手足にふるえやこわばりがみられます。

4.誤りです。
ステージⅣでは立位姿勢が大変になり、日常生活動作の部分介助が必要となる状態です。

5.誤りです。
ステージⅤでは自力歩行が難しく、車椅子や寝たきりの状態です。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.ステージIでは姿勢反射障害はありませんので間違いです。

2.ステージⅡは姿勢反射障害がないので間違いです。

3.Hさんは姿勢反射障害がありますが、日常生活動作に介助を必要としないので、重症度分類はステージⅢです。よって、3が正解です。

4.ステージⅣは、日常生活動作に介助を要する状態なので間違いです。

5.ステージⅤは、日常生活動作に介助を要する状態なので間違いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。