過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48812問」を出題

問題

[ 設定等 ]
抗ヒスタミン薬の睡眠への影響として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
就寝後、短時間で覚醒する。
   2 .
夜間に十分睡眠をとっても、日中に強い眠気がある。
   3 .
睡眠中に足が痛がゆくなる。
   4 .
睡眠中に無呼吸が生じる。
   5 .
夢の中の行動が、そのまま現実の行動として現れる。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
抗ヒスタミン薬とは、神経伝達物質ヒスタミンの働きを抑制する薬で、鼻水鼻づまりや蕁麻疹・皮膚の痒みといったアレルギー症状を緩和します。
副作用として強い眠気が出ることが特徴です。(現在は眠気を引き起こしにくいアレルギー薬もあります)
副作用を逆手に取って、睡眠改善薬としても市販されています。

1.×
抗ヒスタミン薬の半減期は7~8時間ほどです。
7~8時間は副作用(眠気)も持続すると考えられます。

2.○
薬によって引き起こされる眠気ですので、夜間に十分な睡眠がとれていたとしても起こる可能性が高いです。

3.×
「むずむず脚症候群」についての記述です。

4.×
「睡眠時無呼吸症候群」についての記述です。

5.×
「レム睡眠行動障害」についての記述です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
最も適切なものは2です。
文のとおりです。抗ヒスタミン薬には脳の活動を抑える作用があり、眠気を伴います。

1.誤りです。
抗ヒスタミン薬ではなく、ルネスタ、アモバンなどの睡眠導入剤がこの説明に該当します。

3.誤りです。
抗うつ薬の副作用でこの症状がみられることがあります。

4.誤りです。
抗ヒスタミン薬の副作用ではありません。呼吸抑制の働きがあるオピオイドなどが該当します

5.誤りです。
抗うつ薬の副作用でレム睡眠行動障害の事例が報告されています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1. 抗ヒスタミン薬は催眠鎮静作用がありますので、就寝後、短時間で覚醒することは期待できません。よって、1は間違いです。

2. 抗ヒスタミン薬は催眠鎮静作用がありますので、夜間に十分睡眠をとっても、日中に強い眠気があります。よって2は正解になります。

3. 抗ヒスタミン薬は睡眠中に足が痛がゆくなる副作用はありません。よって、3は間違いです。

4. 抗ヒスタミン薬は睡眠中に無呼吸が生じる副作用はありません。よって、4は間違いです。

5. 抗ヒスタミン薬は夢の中の行動が、そのまま現実の行動として現れる、レム睡眠障害の副作用はありません。よって、5は間違いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。