過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48813問」を出題

問題

[ 設定等 ]
終末期に自分が望むケアをあらかじめ書面に示しておくことを表す用語として、正しいものを1つ選びなさい。
1 .  ターミナルケア( terminal care )
2 .  インフォームドコンセント( informed consent )
3 .  リビングウィル( living will )
4 .  デスカンファレンス( death conference )
5 .  グリーフケア( grief care )
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
1.×
ターミナルケアとは、病気により余命わずかになった方に対して行なわれる医療・看護・介護的ケアのことです。
痛みやストレスなどの苦痛を取り除き、心穏やかに過ごして頂くことが目的です。

2.×
インフォームドコンセントとは、「説明と同意」のことです。
病気やケガをした時、患者本人が治療方針を決められるよう病院側は治療方法や療養生活についての丁寧な説明を行ない、患者の同意のもと治療が行われます。

3.○
リビングウィルとは「生前の意思」という意味です。
終末期においてどのような治療やケアを望むのか事前指示書に書いておくことで、意思表示ができない状態になっても希望するケアを受けることができます。
事前指示書のことをリビングウェルと呼ぶこともあります。

4.×
デスカンファレンスとは、患者の死後に行なわれる会議のことです。
ケア内容の振り返りや遺族ケアの方向性を決めます。

5.×
グリーフケアとは、死別を経験し深い悲しみの状態にある人に対し寄り添い、援助することです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。