過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第25回(平成24年度) 社会の理解 問6

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
限界集落を定義するときの人口構成として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
65歳以上の人口比率が14%以上である。
   2 .
65歳以上の人口比率が30%以上である。
   3 .
65歳以上の人口比率が50%以上である。
   4 .
75歳以上の人口比率が14%以上である。
   5 .
75歳以上の人口比率が30%以上である。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 社会の理解 問6 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

257
正解は3です。
限界集落とは、過疎化などで65歳以上の人口比率が50%以上になり、冠婚葬祭、農作業など社会的・経済的な共同生活の維持が困難になっている集落のことをいいます。
過疎高齢化が進む山間地や離島などを中心に全国的に増加しています。
付箋メモを残すことが出来ます。
75
正解は3です。

限界集落とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になっており社会的共同生活者の維持が難しくなっている集落をいいます。限界集落に次ぐ状態を「準限界集落」(55歳以上が50%)、限界集落を超えた状態を「超限界集落」といいます。
75
正解は3番です。
限界集落とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になり、冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落をさします。中山間地域や山村地域、離島など社会的経済的条件など恵まれない地域に集中しています。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。