過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第25回(平成24年度) 生活支援技術 問58

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
施設で、介護職が深夜に巡回するときの注意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
利用者の顔に懐中電灯の光をあてて観察する。
   2 .
足音で、巡回を知らせる。
   3 .
異変の有無を確認する。
   4 .
職員同士の会話は、昼間と同じ大きさの声で行う。
   5 .
ドアを開ける際は、ノックする。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 生活支援技術 問58 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

45
正解は3です。深夜巡回なので、利用者様を起こさないようにする配慮が必要です。

各選択肢については次のとおりです。
1→懐中電灯を使うことは必要ですが、ここで問題なのは「顔に光をあてる」ということです。睡眠を妨げる行為です。
2→「足音で知らせる」も利用者様を起こしてしまう行為です。
4→「昼間と同じ」ではこれも利用者様を起こしかねません。
5→ノックは不要です。ノックすることで起こしてしまう可能性があります。
付箋メモを残すことが出来ます。
21
正解は3です。
深夜の巡回の意味は、利用者の状態・安全確認なので利用者を起こさないようにするのが一般的です。

なので、1、2、4、5の方法だと
利用者を起こしてしまいかねないので、誤りです。

13
正解は3です。

深夜の巡回は、利用者に異変がないかどうかを確認するために行ないます。

1.寝ている利用者に光をあてる行為は、明らかに不適切です。

2.寝ている利用者をおこさないよう、足音は立てないようにします。

4.利用者が静かに寝ることができるよう、職員同士の会話は小さな声で行ないます。

5.利用者を起こさないようにするため、ノックはしないのが基本です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。