過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第25回(平成24年度) 介護過程 問65

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
評価に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
利用者本人には、評価を伝えない。
   2 .
利用者の反応の評価はしない。
   3 .
計画を立てたが実施しなかったものは、評価はしない。
   4 .
目標が達成されれば、評価はしない。
   5 .
他の利用者の目標達成度と比較した評価はしない。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 介護過程 問65 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

54
正解は5です。
介護過程における評価は、利用者にとって適切な介護を客観的な基準に基づいて、効果的、効率的に進めているかを総合的にチェックしていきます。

各選択肢については以下のとおりです。
1→利用者本人にも伝える必要があります。介護過程では目標を立て、進めていきます。それに対して利用者本人、家族はどうであったか、達成度や満足度などを確認し、次の目標や見直しにつなげる必要があるからです。
2→1の解説で述べたとおりです。反応ももちろん加味します。
3→実施しなかったものに対しては、なぜ実施しなかったのかという理由について評価を行います。
4→目標が達成されたものは、その内容や手法について評価します。もっと効率的に進めていけたのではないか、あるいは、何がうまくいったのかなどを考えることは、介護者が経験として生かしていくために必要なことです。
付箋メモを残すことが出来ます。
21
正解は5です。

評価は個人単位で行なうものです。他の利用者の目標達成度と比較することは、必要ありません。

1.評価は本人に伝える必要があります。

2.利用者の反応も重要な評価です。反応から利用者の不安や不満が分かることも多いです。

3.実施しなかったものは、なぜ実施しなかったのか評価をする必要があります。

4.目標が達成されたか、または達成されていないかに関係なく、評価は行なう必要があります。
16
正解は5です。
本人の達成度や問題解決をを見るものなので他人と比べるものではありません。

1→介護計画は利用者本人にオープンにされるものなので、評価も本人に伝えます。また、本人の満足度等を評価するので本人が参加する事です。
2→利用者本人の反応も評価を行います。再計画時にも役に立つことです。
3→計画を立てたが実施しなかったことは見直しに役立ちます。なぜ実施しなかったかに注目すると新たな改善点が見つかる可能性があります。
4→目標が達成されたものも、実施した内容や方法等について評価を行います。評価する事で、次に生かせる事が発見できるかもしれません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。