過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 社会の理解 問5

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
核家族に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
経済的な協働がない
   2 .
生殖がない
   3 .
家族の基礎的な単位ではない
   4 .
夫婦、夫婦と子ども又はひとり親と子どもから成る
   5 .
拡大家族を構成することはない
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 社会の理解 問5 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

65
正解は4です。
核家族は拡大家族・大家族と対になる家族形態で、
・夫婦のみ
・父・母どちらか一人と子ども(未婚)
・夫婦と子供(未婚)
の構成でなる家族の事をいいます。

付箋メモを残すことが出来ます。
35
正解は 4 です。

核家族とは、選択肢の通り「夫婦」「夫婦と子ども」「ひとり親と子ども」の世帯のいずれかを指します。
この場合の子どもは未婚の子を指し、既婚の子との同居の場合は拡大家族に分類されます。
19
正解は「4」です。
核家族とは夫婦と未婚の子供で成り立つことを指します。

不正解とその解説
「1」・・・ともに力を合わせて活動することを協働といいますので、経済的な協働は必要です。

「2」・・・生殖をし、家族を増やすこともできます。

「3」・・・家族の基礎的な単位です。

「5」・・・拡大家族の基礎になるのが核家族とされています。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。