過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問33

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
コミュニケーションに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
「なぜ」「どうして」の聞き方は問い詰められているように相手が感じることがある
   2 .
まず相手との関係づくりが大切である
   3 .
自分の非言語的な行動が持つメッセージを意識しておく
   4 .
よく知っている人であるという思い込みが、相手の心情を見えにくくする
   5 .
相手との親密度に関係なくパーソナル・スペースは一定である
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問33 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

62
正解は 5 です。

パーソナル・スペースとは、他人に踏み入られると不快に感じる空間の事を言います。
信頼のおける人と初対面の人とでは、不快に感じる距離感も大きく変わってくるので、相手との親密度に関係なくパーソナル・スペースが一定であるとは言えません。
付箋メモを残すことが出来ます。
18
正解は 5 です。

パーソナル・スペースとは他人に踏み込まれると不快に感じる距離(空間)のことを言います。親密な相手ほど狭く、親しくない人ほど広いといわれており、誰でも一定であるとは言えません。
11
正解は5です。
コミュニケーションは、相手との関係づくりが大切です。「思い込み」は相手の心情を見ずに自分なりの判断をしてしまう原因となります。また、自分自身のコミュニケーションの取りかた(問いかけ方、非言語的な行動)を理解しておくことが大切です。

相手と親密になることで、パーソナルスペース(人それぞれが持つ他人の侵入を許せる空間)が狭くなります。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。