過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問34を出題

問題

[ 設定等 ]
コミュニケーションの基本に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
自分自身の感情に気付く
   2 .
伝えたいことを明確に伝える
   3 .
相手の言葉が出にくい時は次々と話しかける
   4 .
状況に応じて技法を使い分ける
   5 .
相手をありのまま受け止める
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問34 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
31
評価しない
正解は 3 です。

頭の回転が早く次から次に言葉が出てくる人もいれば、発言前に十分内容を吟味し相手に失礼でないかを確かめてから発言する人もいます。
また、脳こうそく後の麻痺や認知症などでうまく言葉が出てこなかったりする事もあります。
大切なのは一人一人のペースをつかみ、急かすように次々と話しかけるのではなく、時にはじっと待ったり、ある時には言葉が出やすいような言葉かけをするなど臨機応変に対応する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解は 3 です。

コミュニケーションの基本は受容・共感・傾聴です。相手をあるがままに受け入れ、よく話を聞き相手の立場になって理解することが大切です。言語障害などでなかなか言葉が出てこない方もおられます。次々に話しかけず、傾聴の姿勢を持つことが大切です
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は3です。
相手の言葉が出にくくなっているときに、次々と話し掛けると相手は余計に言葉が出にくくなってしまいます。一方的な言葉だけでは、コミュニケーションは成り立ちません。相手を受け入れ、耳を傾けることが重要になってきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。