過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問35

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
高齢になってからの中途失聴者のコミュニケーション手段として、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
俗話
   2 .
筆談
   3 .
点字
   4 .
手話
   5 .
指文字
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問35 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

53
正解は 2 です。

俗話とは世間話の事なので、失聴者とのコミュニケーションには向きません。
点字・手話・指文字は、今から学習して覚える必要があり、高齢になってから失聴した人にとって、新しい事を覚える事は負担になると考えられるので、すぐにでも使える筆談が最も適していると言えます。
付箋メモを残すことが出来ます。
15
正解 2 です。

中途障害とは先天性のものではなく、人生の途中で病気・事故などの何らかの事情で発生した後天性の障害のことを言います。
高齢になってから点字や手話、指文字を会得される方は少なく、慣れ親しんだ筆談での会話が適しています。
13
正解は2です。
高齢になってからの中途失聴の場合、新たに手話や点字などを覚え始めるよりも、今まで使っていたものを使う筆談などでコミュニケーション手段が有効です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。