過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問41

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
Kさん(70歳、女性)は右片麻痺で室内では杖歩行、外出には車椅子を利用している。Kさんは月に一度、 おしゃれをして近くのデパートに買い物に行くのを楽しみにしている。
介護職の対応として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
化粧を手伝った
   2 .
買い物の希望を聞いた
   3 .
お金を使い過ぎないよう、財布を預かった
   4 .
デパート内では今回も杖歩行したいか、たずねた
   5 .
Kさんのなじみの洋品店に寄りたいか、たずねた
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問41 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

38
正解は 3 です。

Kさんは右片麻痺ではあるものの、認知症状が出ているという記載はない為「お金を使いすぎないよう財布を預かる」というのは少々行き過ぎた行為と言えます。
付箋メモを残すことが出来ます。
12
正解は 3 です。

Kさんは片麻痺という身体障害はありますが、認知症は患っておられないため財布を預かる必要はありません。
11
正解は3です。
金銭管理についての記述がないことから、Kさんにはそのような支援が必要ないことが分かります。
また、事前に希望を聞いておくこと、化粧を手伝うことは適切な対応です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。