過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問52

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
脱水を予防するための食品として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
スポーツドリンク
   2 .
みそ汁
   3 .
ビール
   4 .
すいか
   5 .
ヨーグルト
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問52 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

36
正解は 3 です。

ビールなどのアルコール類を摂取すると血中のアルコール濃度が上がります。
アルコール濃度を下げる為には、肝臓で分解し、体内の多量の水分と共に排出しなければならない為、脱水を予防するどころか進めてしまう一因になりかねません。
付箋メモを残すことが出来ます。
22
脱水症は単なる水の不足ではなく、体にとって不可欠な体液の不足した状態です。体液の成分は水とナトリウム、カリウムといった電解質です。
一見、脱水予防になると思えない「みそ汁」ですが、塩分があるため、脱水予防になります。
選択肢3のビールですが、ビールは利尿作用があります。飲んでも体外に水分を出そうとするわけですから、脱水は予防はできません。
9
アルコールには利尿作用があります。アルコールに反応して尿が出るといったことから脱水症状も起こりやすくなります。また、アルコールの中でもビールは利尿作用が強いといわれています。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。