過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問58

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
ベンジンで処理するしみの種類として、適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
チョコレート
   2 .
コーヒー
   3 .
果汁
   4 .
しょうゆ
   5 .
血液
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問58 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

106
正解は 1 です。

ベンジンのような有機溶剤は油性のものを溶かす性質がある為、チョコレートやボールペンのインクといった油性のしみ抜きに使用します。

他は全て水溶性のしみなので、中性洗剤で落とす事が出来ます。
ただし血液はタンパク質である為、お湯で落とそうとすると凝固して落としにくくなってしまいます。
必ず水で洗うようにしましょう。
付箋メモを残すことが出来ます。
29
「しみ」には、油性のしみ、水溶性のしみ、色素によるしみがあります。しみ抜きは「しみ」の種類によって使うものを分けます。

ベンジンは油性のしみに対して有効なものです。

選択肢2~5は全て水溶性のしみです。
選択肢1のみ油性のしみです。
18
ベンジンは「油性のしみ」に使うと効果がみられ、食品ではチョコレートの汚れが当てはまります。
また、「水性のしみ(醤油やソース、コーヒーなど)」はベンジンを使っても効果がみられません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。