過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問59を出題

問題

[ 設定等 ]
安眠を促す介助として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
昼間に適度な運動をするよう勧める
   2 .
清潔で乾燥した寝具を整える
   3 .
朝はカーテンを開け、日光を浴びるように勧める
   4 .
睡眠に関する生活習慣を把握する
   5 .
食事をしてすぐに眠るように勧める
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術 問59 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
27
評価しない
食後は、食べ物を消化するために胃腸周辺に血液が集中するため、大脳の血流量が減少します。そのため、食事をしてすぐに眠ると脳卒中が起こりやすいといわれています。

そのほか、太りやすくなる、逆流性食道炎になるといったリスクがあります。

食べ物は2~3時間で消化されるので、食事は就寝3時間前までに済ませておいたほうがいいといわれています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解は 5 です。

食後すぐに眠ろうとすると、胃の消化活動が活発な為、寝付きにくくなったり、眠りが浅くなったりします。
安眠を得る為には、食事は就寝の3時間前までに済ませる必要があります。

寝る前にどうしてもお腹が空いてしまって、逆に寝付けないという場合には、少量のホットミルクやココアなど、体が温まり、消化吸収にあまりエネルギーを使用しないものを摂るようにします。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
正解は5です。
1(○)日中に行う適度な運動は、睡眠の質を向上させると言われています。
2(○)寝具などから睡眠環境を整えることは安眠にとっても効果的です。
3(○)朝、日光を浴びることで体内時計がリセットされ、夜に眠気を生じさせ安眠を促します。
4(○)生活習慣の把握は、睡眠にとっても大切なことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。