過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 介護過程 問63

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
情報収集とアセスメントをする際に介護職に必要なこととして、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
倫理観
   2 .
観察力
   3 .
推測力
   4 .
先入観
   5 .
判断力
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 介護過程 問63 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

27
介護課程に基づく介護では、情報収集は主観的・客観的の双方の情報から課題を見つけ、実践していきます。

先入観は、情報収集や課題発見の妨げになる可能性が高いです。そのため、不適切です。
付箋メモを残すことが出来ます。
15
正解は 4 です。

情報収集・アセスメントの際に、似たような状況の経験を生かして「あの時こうだったからこの場合も同じかもしれない」と、あらゆる可能性を推測する事は大切な事です。
しかし「あの時こうだったからこの場合もこうだ!」という先入観から決めつけてしまうと違いやニーズをつかみ損なってしまう可能性がある為、注意が必要です。
10
正解は4です。
先入観は物事を判断する上で不適切なものになることがあります。
また、介護では、人それぞれに環境や意志があることを忘れず、先入観から何かを解釈しないようにすることが必要です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。