過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 介護過程 問65

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
介護計画を立案する際の留意点として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
利用者の同意を得る
   2 .
計画した内容は変更しない
   3 .
長期目標と短期目標は連動させる
   4 .
利用者に及ぼす効果を予測する
   5 .
計画は具体的な内容にする
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 介護過程 問65 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

33
正解は 2 です。

時間の経過と共に、利用者の状況やニーズは刻々と変化していきます。
介護計画は、それらの変化に合わせて適宜変更していく必要があります。
付箋メモを残すことが出来ます。
19
介護実践を行う際には、計画に沿って行います。実践の際、利用者の状況を観察し、訴えをよく聴き、状況の変化によっては、修正が必要です。そのため、選択肢2は不適切です。
11
正解は2です。
利用者の状況が変化するのと同じく、介護計画も変更しなければいけません。状態に合っていない介護計画は自己実現につながりません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。