過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 介護過程 問66を出題

問題

[ 設定等 ]
「便秘が解消でき、苦痛なく排便できる」という目標を達成するために把握すべき内容として、 優先度の低いものを一つ選びなさい。
   1 .
トイレでの座位保持の状況
   2 .
飲食の内容・量
   3 .
体温の変化
   4 .
便の量・性状
   5 .
日中の活動状況
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 介護過程 問66 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
40
評価しない
目標が「便秘解消」「苦痛なく排便」であることに注意して各選択肢を見てみると、

1は、苦痛なく排便するために意識しなければなりません。

2は、便秘解消のため、食物繊維のものを食べているかどうかなどチェックの必要な項目です。

4についてですが、便が硬ければ、排便時に苦痛は伴います。そのため、チェックの必要な項目です。

便秘解消のためには適度な運動が必要です。5は、そのためにチェックが必要な項目です。

3の体温は排便に直接影響するものではありません。そのため、把握すべき内容の優先度は低くなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
正解は 3 です。

体温の変化の状況を把握する事は、健康管理の為には必要な事ですが、排便に大きな影響を与えるとは考えにくい為、選択肢中では最も優先度が低いと言えます。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は3です。
便秘の解消と一番繋がりのないものは「体温の変化」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。