過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 介護過程 問67

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
介護老人福祉施設に入所しているAさん(75歳。男性)は認知症と診断されている。 頻尿であり夜間に2~3度目を覚まし、施設の廊下をうろうろしていて、朝、部屋へ行くと悪臭があり、 ごみ箱の中に排尿していることが続いている。
トイレでの排泄を目標としたアセスメントの視点として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
尿意
   2 .
水分摂取量
   3 .
トイレの場所の認知状況
   4 .
夜間の睡眠状態
   5 .
口腔の清潔の状態
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 介護過程 問67 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

22
正解は 5 です。

介護老人福祉施設で健康管理をしていく上で、口腔の清潔の状態を確認する事はとても重要な事ですが、トイレでの排泄を目標としたアセスメントの視点としては、適切であるとは言えません。
付箋メモを残すことが出来ます。
11
正解は5です。
夜間ゴミ箱に用を足してしまう利用者に対して、トイレでの排泄を行うことを目標に行われるアセスメント。必要なことは、排尿に関してと認知に関してです。この中で、口腔内の清潔はあまり必要のないものです。
11
夜間に頻尿がみられることから1~4は適切ですが、5は排泄には関係ありません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。