過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) こころとからだのしくみ 問100

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
老化に伴う口腔・嚥下機能の変化として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
唾液分泌量が増加する
   2 .
味蕾の数は変わらない
   3 .
嚥下反射が亢進する
   4 .
咀嚼力は変わらない
   5 .
舌の動きが低下する
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) こころとからだのしくみ 問100 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

37
老化は機能低下です。
すべての機能において、減少や低下がみられます。

分泌量や味蕾の数は減少し、嚥下反射、咀嚼力、舌の動きが低下します。
付箋メモを残すことが出来ます。
25
正解は 5 です。

1:唾液分泌量が低下する為、食前に唾液腺をマッサージしたり、嚥下体操をしたりして、分泌を促します。

2:味蕾の数は減少します。年を取ると味付けが濃くなったりするのはこの為です。

3:嚥下反射が低下する為、唾液分泌量の増加を促すと同様に、食前にマッサージや嚥下体操などを行います。

4:咀嚼力が低下する為、状態に合わせて食事のかたさなどを調節する必要があります。
9
老化に伴い、亢進したり変化がないことよりも、様々な部位で機能の低下がみられるようになります。
そのことからも、正解は5になります。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。