過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) こころとからだのしくみ 問101

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
I A D L (Instrumental Activities of Daily Living;手段的日常生活動作)に含まれる項目として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
洗面
   2 .
更衣
   3 .
移乗
   4 .
洗濯
   5 .
友人との付き合い
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) こころとからだのしくみ 問101 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

102
正解は4です。

IADLとは、日常生活を送る上で必要な動作のうち、ADLより複雑で高次な動作の事をいいます。
買い物や洗濯、金銭管理、服薬管理などもIADLです。
一方ADLとは日常生活を営む際に、普通におこなっている行為・行動のことです。
1~3はADLとなります。
5の友人との付き合いは環境となり、行動ではありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
46
IADLとは、日常生活を送るうえで必要となる応用動作をいいます。具体的には、電話を使用する能力や買い物、食事の準備、洗濯、交通手段を伴う移動などです。選択肢1~3はADLです。5は毎日の生活に必要な行為ではないため該当しません。
30
正解は4の洗濯です。

「IADL」は、日常生活を送るうえで必要な動作を指す「ADL」よりも複雑で高次な動作を言います。
掃除や洗濯などの家事、買い物や金銭管理、外出やバス・電車などを使うことなどが当てはまります。

食事、排泄、移動、入浴などの「ADL」動作と比べるとより分かりやすいかもしれません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。