過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) こころとからだのしくみ 問108

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
キューブラー・ロス(Kübler-Ross,E.)が示した終末期にある人の心理の過程として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
悲観
   2 .
怒り
   3 .
卑屈
   4 .
悟り
   5 .
平安
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) こころとからだのしくみ 問108 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

94
正解は2です。

終末期にある人の心理の過程として、キューブラー・ロスは①否認(孤立)②怒り(羨望)③取り引き④抑うつ⑤受容をあげました。
解答肢2以外は当てはまりません。
付箋メモを残すことが出来ます。
56
キューブラー・ロスは死の受容のプロセスを提唱したとされ、死を受容するまでの心理過程を5段階で表しました。
5段階は、「否認と孤独」→「怒り」→「取引」→「抑うつ」→「受容」です。
42
キュープラー・ロスの終末期の心理過程は「衝撃」「否認と隔離」「怒り」「取引」「抑うつ」「受容」「デカセクシス」です。
「デカセクシス」とは、人や物、考えに対する受容を放棄することです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。