過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 障害者福祉論 問21

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
今後の障害者福祉政策の基本的な方向性として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
市町村による障害者のための施策に関する基本的な計画策定
   2 .
ICFの活用
   3 .
啓発・広報活動の推進
   4 .
相談支援体制の充実
   5 .
施設入所の推進
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 障害者福祉論 問21 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

32
障害者福祉に関して、ノーマライゼーションの精神に従えば、地域で健常者と一緒になって生活するのが一番です。そのことを考えた時、選択肢5は、障害者を地域から切り離す形になってしまい、適切ではありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
17
正解は5です。
要介護高齢者も施設から在宅・地域への方向転換が行われているのと同じように、
障害者への「地域で暮らす権利の保障」の為に
施設入所よりも在宅・地域社会への方向転換が推進されています。

細かい内容を覚えていなくても、1~4は、
障害者福祉政策の基本的な方向性に必要なものだと
わかると思います。
9
正解は5です。
障害者の分野では、障害ある人が暮らせる地域づくりや自立支援、サービス利用の推進などはありますが、「施設入所への推進」は挙げられていません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。