過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) リハビリテーション論 問23を出題

問題

[ 設定等 ]
身体障害に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
胸髄損傷は四肢麻痺を伴う。
   2 .
頚髄損傷は膀胱直腸障害を伴う。
   3 .
脳性麻痺は運動障害を伴う。
   4 .
一定程度以上の視野狭窄は視覚障害に含まれる。
   5 .
二分脊椎は肢体不自由の原因となる。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) リハビリテーション論 問23 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
40
評価しない
正解は1です。
頸椎=首の付近を損傷した場合、そこから下の上肢・下肢(四肢)の麻痺が起こる事はイメージしやすいと思います。なので、胸髄の場所は上肢よりやや下なので下肢の麻痺だけになりそうなイメージもつきやすいと思います。
もし専門知識を覚えていなくても、可能な限りイメージしましょう。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
25
評価しない
胸髄損傷では下肢や体幹の麻痺は起こりますが、上肢の麻痺については、必ず起こるというわけではありません。
評価後のアイコン
評価する
21
評価しない
正解は1です。
脊髄は、頚髄・胸髄・腰髄・仙髄・尾髄に分けられています。
胸の部分の胸髄損傷では通常、四肢麻痺を伴うことはなく、下半身に障害が残ることがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。