過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) リハビリテーション論 問25

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
精神障害者のリハビリテーションに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
薬物乱用者は対象となる。
   2 .
急性期の精神障害者を主な対象とする。
   3 .
作業療法は有効である。
   4 .
集団精神療法は有効である。
   5 .
デイケアへの参加は有効である。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) リハビリテーション論 問25 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

41
正解は2です。
比較的易しい問題となっています。
精神障害者のリハビリテーションは急性期だけに必要ではなく、回復期など長いスパンで必要な事は理解しやすいと思います。

付箋メモを残すことが出来ます。
29
精神障害者のリハビリテーションは、患者様の状態がどのような時期なのかによって、援助方法は異なりますが、急性期だけでなく、回復期や維持期にも必要です。
16
正解は2です。
精神障害者に対するリハビリテーションに限ったことではありませんが、医学的リハビリ・社会的リハビリ・職業リハビリといった区分に分けられ、障害の経過などに合わせてリハビリが行われます。
また、急性期に限らず、回復期など全期間を対象としています。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。