過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 老人・障害者の心理 問44

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
先天性聴覚障害に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
手話は唯一のコミュニケーション手段である。
   2 .
聴能訓練とは、講音指導や文章の読解力の向上のための訓練のことである。
   3 .
言語発達に遅れが生じる。
   4 .
成長とともに視力が聴力の代償となり、視力の機能が高まる。
   5 .
耳元に口を寄せて大声で話をすれば会話ができる。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 老人・障害者の心理 問44 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

32
1.× 筆談や点字等様々な方法があります。
2.× 音楽、環境音(環境雑音、動物の鳴く声、楽器音)、空間及び時間などを知覚し、認知する能力の発達を促すことを目的に行う訓練のこと。
3.○
4.× そのような事実はない。
5.× 難聴ではなく聴覚障害なので不正解。
付箋メモを残すことが出来ます。
23
正解は 3 です。

言語は通常、耳で聞いて獲得していきます。
先天性聴覚障害ではそれが出来ず、絵カードを使ったり、文字を使ったりして獲得していく為、どうしても遅れが生じてしまいます。
13
正解は3です。

先天性聴覚障害、言葉は音の情報が言語の発達に大きな影響を与えます。先天性聴覚障害の場合、聞こえる音の情報がないため、言語の発達に遅れが出ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。