過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 精神保健 問71

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
せん妄と比較した場合、認知症の特徴として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
発症が急激である。
   2 .
症状が可逆的である。
   3 .
意識が清明である。
   4 .
薬剤が誘因となる。
   5 .
夜間に悪化する。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 精神保健 問71 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

36
正解は 3 です。

せん妄とは、意識が混濁し、幻覚や錯覚が見られているような状態の事を指します。

認知症でも幻覚や錯覚が見られる事がありますが、基本的に意識ははっきりとしています。
付箋メモを残すことが出来ます。
22
せん妄とは、急性の脳障害等が原因で起きる軽い意識障害です。主な症状は、意識がはっきしりない、幻覚や幻聴、妄想、興奮等です。

1:誤り。認知症は発症時期の特定が難しいものの、急激に発症するわけではありません。一方、せん妄は急激に症状が出ます。
2:誤り。症状が可逆的(治る・落ち着く見込みのある)なのは、せん妄です。つまり、一過性のものです。一方、認知症は不可逆的(治る見込みが薄い)で持続的です。
3:正しい。認知症は意識が清明ではっきりしている時があります。
4:誤り。せん妄は、抗パーキンソン薬や抗精神薬等の副作用が原因となる場合があります。よって、薬剤が誘因となるのはせん妄です。
5:誤り。夜間せん妄は、昼間は症状が無く、夕方から夜にかけてせん妄が出現します。
19
1.× 発症が急激なのはせん妄である。
2.× 認知症は不可逆的である。
3.○ 
4.× 薬剤が原因で発症するのはせん妄である。
5.× 夜間に悪化するのはせん妄である。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。