過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 介護概論 問77

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
介護現場における各職種の役割として、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
管理栄養士がサービス担当者会議を招集した。
   2 .
理学療養士が筋力測定をした。
   3 .
看護師が服薬指導をした。
   4 .
介護支援専門員が居宅サービス計画を作成した。
   5 .
言語聴覚士が嚥下訓練を行った。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 介護概論 問77 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

26
正解は 1 です。

サービス担当者会議を招集するのは、介護支援専門員(ケアマネージャー)です。
管理栄養士がサービス担当者会議の必要性を感じた場合は、介護支援専門員に開催を要請し、介護支援専門員が招集・開催をします。
付箋メモを残すことが出来ます。
20
医療分野に従事する職種の役割を理解しておけば解ける問題です。

1:誤り。サービス担当者会議を収集するのは、介護支援専門員(ケアマネジャー)です。管理栄養士ではありません。
2:正しい。理学療法士(PT)はリハビリのプロフェッショナルです。筋力測定等を行い、基本的動作能力の回復を図ります。
3:正しい。看護師は医師の診療の手助けを行い、場合によっては患者に対して服薬指導を行います。
4:正しい。居宅サービス計画、施設サービス計画を立案するのは介護支援専門員(ケアマネジャー)の役割です。
5:正しい。言語聴覚士(ST)は言語リハビリのプロフェッショナルです。発語、嚥下等のリハビリを行います。
11
1.○ サービス担当者会議は介護支援専門員が開催するものである。
2.×
3.×
4.×
5.×
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。