過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 形態別介護技術 問101を出題

問題

[ 設定等 ]
一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要するが、自力で寝返りを うつことができる状態が該当する障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)として、正 しいものを一つ選びなさい。
   1 .
ランクJ-2
   2 .
ランクA-1
   3 .
ランクB-2
   4 .
ランクC-1
   5 .
ランクC-2
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術 問101 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
64
評価しない
1:× ランクJ-2は、何らかの障害を有するが、日常生活はほぼ自立しており、隣近所へなら独力で外出できる状態。
2:× ランクA-1は、屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出せず、日中はほとんどベッドから離れて生活する状態。
3:× ランクB-2は、屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保ち、介助により車椅子に移乗する状態。
4:○ ランクC-1は、一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要するが、自力で寝返りをうつことができる状態。
5:× ランクC-2は、一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要し、自力では寝返りもうたない状態。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
31
評価しない
正解は4です。
障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は大きくランクJ、A、B、Cに分けられます。
1日中寝たきりなのは、一番寝たきり度が高いCに分類されます。その中でも自分で寝返りが打てるかどうかで、C-1とC-2に分類します。
以上より、今回のケースはC-1に分類されます。
評価後のアイコン
評価する
20
評価しない
選択肢4が正しいです。

ランクJは、「何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する」ことができる状態を指します。
ランクAは、「屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出しない」状態です。
ランクBは、「屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが、座位を保つ」状態です。
ランクCは、「一日中ベッド上で過ごし、排泄・食事・着替において介助を要する」状態です。そのうえでC2は、「自力では寝返りもうたない」状態です。

※「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」参照。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。