過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 形態別介護技術 問105

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
感覚的失語症のある人とのコミュニケーションとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
読書
   2 .
触手話
   3 .
身振り
   4 .
五十音表
   5 .
手書き文字(てのひら書き)
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術 問105 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

44
1:× 読話は、感覚性失語症のある人には向かない
2:× 触手話は、感覚性失語症のある人には向かない
3:○ 身振り(ジェスチャー)は、感覚性失語症のある人に伝わりやすい。
4:× 五十音表は、感覚性失語症のある人には不適切。
5:× 手書き文字(てのひら書き)は、感覚性失語症のある人には不適切。

補足:失語症のタイプは2つある。感覚性失語は、発語は問題ないけど言葉の理解が難しいケースです。
感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)に障害がある状態で、ウェルニッケ失語症とも言われる。発語は流暢だが、相手の言っていることが理解できないため会話が成立しない。
音として聞こえてはいるが、音を判別することができない。聴覚に問題がなくても、聞き取った音を必要な音と不必要な音に選別したり、何の音か識別する脳の働きが障害されている。そのため、音を言葉に変換することができません。
感覚性失語症の人とコミュニケーションを取るには、ジェスチャーなどのボディランゲージが有効。
身ぶりやジェスチャーなどは理解することができます。



付箋メモを残すことが出来ます。
30
正解は3です。
感覚性失語とは、別名ウェルニッケ失語ともいい、言葉の理解ができないタイプの失語です。発語は良好ですが、言われていることが理解できないので会話が成立しません。また文字を見ても理解できないことの方が多いです。
対して運動性失語は、別名ブローカ失語といい、言葉は理解できるが発語ができないタイプの失語です。また、字も書けないことが多いです。
以上より、感覚性失語の方に対しては文字に頼らないコミュニケーションが必要であることがわかります。
16
解答 3

<感覚性失語>
脳の言語中枢の障害によって生じる「言葉を理解することの障害」のことです。

文字を読めない、読めても理解できない、単語は分かっても文章は理解できないなど、症状は重症度により異なります。

コミュニケーション方法:重症度にもよりますが、非言語的なコミュニケーションが伝わりやすいです。身振り手振りのジェスチャーや指さし、介助での動作誘導など。他にも、絵で示したり、短い文や単語で話しかけたり、ゆっくり話した場合に理解できることもあります。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。