過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 社会福祉概論 問3

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
社会福祉法人に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
法人は収益事業を行なうことは認められない。
   2 .
法人設立の認可があれば、登記がなくても法人は成立する。
   3 .
理事は、その法人の職員を兼務する事ができる。
   4 .
法人は、必要に応じて監事を置く事ができる。
   5 .
入所施設を経営する法人は、解散する事はできない。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉概論 問3 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

48
1:× 法人は収益事業を行うことが認められている。
2:× 法人設立の認可があっても、登記がなければ成立はしない。
3:○ 法人の監事は、理事、評議員又はその法人の職員を兼ねてはならない。理事は、その法人の職員を兼務することができる。
4:× 法人は、監事を1人以上置かなければならない。
5:× 入所施設を経営する法人であっても、定款等で定められた事由により解散する
付箋メモを残すことが出来ます。
24
正解は3です。
社会福祉法人の理事は、その法人の職員を兼務することができます。
対して監事は、理事、評議員、その他の法人職員を兼務することはできません。
12
解答 3
理事はその法人の職員を兼務することができます(監事は兼務することはできません。)

1 法人は収益事業を行うことが認められているため、不適切です
2 法人設立の許可が到着してから2週間以内に登記する必要があるため、不適切です
4 監事は「必要に応じて」ではなく、置かなければならないため不適切です。
5 入所施設を経営する法人であっても解散するため、不適切です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。