過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) リハビリテーション論 問26

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
片麻痺の人の調理動作に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
食器を洗う場合はリーチャーを用いる。
   2 .
肉など包丁で切りにくいものは、キッチンバサミを用いる。
   3 .
ワンタッチで開閉できる蛇口を取り付ける。
   4 .
食材を包丁で切る場合は、釘つきまな板を用いる。
   5 .
立体姿勢が不安定であれば、椅子に座って調理する。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) リハビリテーション論 問26 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

45
正解は 1 です。

片麻痺の人の動作に関する問題は「自分がもし片腕・片足が使えなかったら」と、自分に置き換えて想像してみるとわかりやすいと思います。

ちなみにリーチャーとはマジックハンドの事です。
高い所にあるものや、床に落ちたものを取る為の道具なので、食器を洗う場合に使用するのは不適切です。
付箋メモを残すことが出来ます。
26
1、× リーチャーとは高いところにあるものを掴んだり引き寄せるために使うものである。

2、〇 包丁で切りにくいお肉などは鋏で切っても良い

3、〇 ワンタッチで使用できる蛇口を取り付けるのは正解である。

4、〇 食材を包丁で切る際に釘つきまな板を使用することは正解です

5、〇 立位の保持が難しい場合は椅子を用いることで安定し安全に調理することができる。
10
解答 1
リーチャーは、手の届かないものを遠距離操作でつかんだり、引き寄せたりすることのできる自助具です。リウマチの方や股関節手術後の方などが使用することが多いです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。