過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) レクリエーション活動援助法 問36を出題

問題

[ 設定等 ]
レクリエーション活動援助のプロセスに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
援助プロセスは、事前評価、計画策定、実施、評価で構成される。
   2 .
事前評価では、日常生活全般に対する欲求を探索する。
   3 .
事前評価では、基礎生活、社会生活、余暇生活についてアセスメントを行なう。
   4 .
計画策定では、援助者の方針を優先させる。
   5 .
実施では、計画に沿って援助者は利用者と直接的又は間接的にかかわる。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) レクリエーション活動援助法 問36 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は 4 です。

レクリエーション活動だけにかかわらず、介護における計画策定は、利用者やその家族の方針を優先させます。
援助者にとって少々都合の悪い場合でも、極力利用者の希望に沿った援助が出来るよう努力する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1、〇 レクリエーション活動のプロセスは、事前評価、計画策定、実施、評価で構成されている。

2、〇 レクリエーション活動援助の事前評価では、生活全般に対する欲求を探す。

3、〇 レクリエーション活動援助の事前評価では、基礎生活や社会生活、余暇生活についてアセスメントを行う。

4、× レクリエーション活動の計画策定では利用者のニーズを優先する。援助者優先ではない。

5、〇 レクリエーション活動援助の実施では、計画に沿って援助者は利用者と直接的または間接的にかかわる。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解【4】
レクリエーション活動の計画策定では、事前評価等を踏まえたうえで、利用者のデマンド・ニーズを優先し計画していきます。このため、「援助者の方針を優先させる」は間違いとなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。