過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 老人・障害者の心理 問41を出題

問題

[ 設定等 ]
発達理論に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
エリクソン(Erikson.E.)は、「発達段階説」を唱えた。
   2 .
ワトソン(Watoson.J.)は、「成熟優位説」を唱えた。
   3 .
シュテルン(Stern.W.)は、「学習優位説」を唱えた。
   4 .
ピアジェ(Piaget.J.)は、「輻輳説」を唱えた。
   5 .
ゲセル(Gesell.A)は、「相互作用説」を唱えた。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人・障害者の心理 問41 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
29
評価しない
1、〇 エリクソンは、「発達段階説」と唱えた。

2、× 「成熟優位説」を唱えたのは、ゲセルである。

3、× 「学習優位説」を唱えたのはワトソンである。

4、× 「輻輳説」を唱えたのはシュテルンである。

5、× 「相互作用説」を唱えたのはジュンセンである。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
正解は 1 です。

発達理論は説の名称、唱えた人はセットで覚えるようにします。
説の内容が覚えられないという人は、せめて何度か説明を読み、説の名称から大体どのような事を言っているのかを試験時などに思い出せるようにしておきましょう。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は【1】
エリクソンは生涯発達(ライフサイクル)の視点で心理的・社会的側面の発達を8段階に分類しました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。