過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 医学一般 問59を出題

問題

[ 設定等 ]
胃潰瘍に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
痛みは空腹時に多い。
   2 .
便に鮮血が混じる。
   3 .
カンビロバクターが一因である。
   4 .
腹痛は心窩部に多い。
   5 .
手術療法が優先される。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 医学一般 問59 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
49
評価しない
正解は 4 です。

胃潰瘍の症状の一つに、心窩部(しんかぶ)の痛みがあります。
心窩部とはみぞおちの事で、シクシク鈍い痛み・キリキリと差し込むような痛みなど、痛み方は人それぞれです。
中にはほとんど胃の痛みを感じず、吐血や下血、胃穿孔による急な腹痛で病気が発覚する人もいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は【4】
胃潰瘍の症状は、心窩部(みぞおち付近)の腹痛で、主に食後に痛みを感じます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。