過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 介護技術 問86を出題

問題

[ 設定等 ]
施設に入所中の利用者に下痢症状が見られた場合の介護に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
医療従事者に報告する。
   2 .
水分摂取を制限する。
   3 .
排便後、陰部洗浄を行なう。
   4 .
腹部を冷やさないようにする。
   5 .
食事内容を確認する。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 介護技術 問86 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は2です。
下痢をしているときは脱水に傾くので、水分摂取を制限するのは危険です。
高齢者はさまざまな原因で下痢を起こすので、速やかに医療従事者に報告し指示を仰ぐことが必要です。
また、感染予防のために陰部をきれいに洗浄するのは極めて有効です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は「2」です。
下痢症状がみられる時は、体内から水分が失われているため、脱水症になりやすいです。
よって、水分制限をしてしまう事は間違いです。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は 2 です。

下痢症状が起こっている際、下痢とともに大量に水分が失われています。結果、脱水を起こしてしまいます。水分摂取を制限することは危険です。介護従事者はすみやかに医師・看護師等に報告し指示をあおぎます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。