過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第21回(平成20年度) 老人福祉論 問16を出題

問題

[ 設定等 ]
「国民生活基礎調査(平成16年)」の要介護者等を介護している主な介護者に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
要介護者等と同居している家族等介護者よりも、別居している家族等介護者の方が多い。
   2 .
主な介護者と要介護者等との続柄については、「子の配偶者」が最も多い。
   3 .
要介護者等と同居している主な介護者の性別については、女性よりも男性が多い。
   4 .
要介護者等と同居している主な介護者の半数以上は、60歳以上の者である。
   5 .
要介護5の要介護者と同居している主な介護者で、「ほとんど終日」介護をしているのは2割程度である。
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 老人福祉論 問16 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
正解は4です。
各選択肢については以下のとおりです。
1→同居家族等が66.1%、別居している家族等が8.7%です。同居している家族等介護者のほうが多いです。
2→配偶者が24.7%、子の配偶者が20.3%となっており、配偶者のほうが多いです。
3→女性74.9%、男性25.1%で圧倒的に女性が多いです。
5→「ほとんど終日」は50.4%です。
詳細は、国民生活基礎調査(平成16年)のサイトをご覧ください。http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa04/
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は4です。

平成16年(2004年)の国民基礎調査では、同居している主な介護者の続柄を見ると「配偶者」が一番多いとなっています。
また、介護者の中でも「60歳以上」の人が全体の半数以上を占めています。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は「4」です。

1 ×…別居家族等ではなく、同居家族等が大部分を占めています。

2 ×…子の配偶者よりも、配偶者の割合が高くなっています。親の介護は「子の妻の仕事」であった時代がありましたが、時代の変化とともに、その傾向は薄れています。

3 ×…女性が7割以上を占めており、女性の方が多くなっています。

5 ×…最も介護に時間を要する要介護5の介護者においては、その半数が「ほとんど終日介護をしている」と回答しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。