過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第21回(平成20年度) 社会福祉援助技術 問30を出題

問題

[ 設定等 ]
個別援助技術に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
利用者の理解のために援助者自身の自己覚知が求められる。
   2 .
援助者は、常に利用者を指導する立場にある。
   3 .
利用者の援助の過程には、面接、アセスメント、契約、介入が含まれる。
   4 .
援助者は偏見や先入観を排し、利用者を個人として理解する。
   5 .
援助者に対するスーパービジョンのためにも記録が重要な意味をもっている。
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 社会福祉援助技術 問30 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は2です。主体は利用者であることを忘れず、利用者を指導するのではなく、利用者からは利用者のできることを行っていただき、利用者が行うことが難しいことを援助していく姿勢が大切です。

各選択肢については以下のとおりです。
1→自己覚知とは、援助をする人が、援助を受ける人(利用者)に対して偏見などの先入観や思い込みなどを持ったまま業務にあたらないよう、自分自身の価値観、個性などを自覚しておくことをいいます。ひとりよがりにならないために必要なことです。
3→設問のとおりです。面接をし、情報収集をしたうえで、計画を立てていきます。
4→1で述べたことと重複します。利用者に偏見を持っていては正しい評価ができません。
5→スーパービジョンとは対人援助法のことを指します。一般の介護職員がさらに専門的知識をもった介護職員(管理者)などから指導を受けるものです。そのときに記録をもとに話をしていきます。記録はそのためにも重要な意味をもちます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
不適切な文章は2です。個別援助技術は、援助者が利用者に直接接することで築かれていく関係から援助を行っていくものす。また援助者が指導する立場に「立たない」ことが適切です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は「2」です。

援助者は利用者との信頼関係を構築しながら援助を行っていきます。あくまでも援助する立場ですから、「利用者を指導する」という考え方は不適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。